待機中は私語を慎め

[おりあに劇場]@舞台裏

【考察】と【感想】と【分析】を使い分けたって──

早いもんで2017年が始まって一週間が経っています。

年始めの感覚も抜けきる前に書いておきたい記事がいくつかあって、3日ぐらいから書こうといざキーボードとディスプレイの前に腰掛けたものの、PCが壊れ(タスクマネージャー画面の)ディスクが100%に貼り付いて戻ってこない状態になり、修理に出そうか迷っているうちに4日もたった。しかもいまだに修理に出していない。

この先送りぐうたら癖は2016年に置いてきたかったのに25年で染み付いたものが簡単に落ちるはずもなく、スローペース──いやスロースタートなポンコツの私です。

 

とりあえずリライトで仕事した気になるタイム

本拠地で書いていた記事について少しのリツイートがもらえた、なんて友人と話していると「【分析】なんてタグはつけないほうがいいよ」と言われた。そんな検索の仕方はしないと言う。

 

「〇〇(作品名) 、考察」あるいは「〇〇(作品名)、感想」

 

このほうが検索にひっかかりやすい。そういった主張である。

確かにこの指摘は頷けるし、私も懸念、自覚していた問題である。

乱造される【感想】から始まるスレタイにうんざりしていた私は差別化を図り、【分析】というボール一個分外にはずしたタグを使っていた。

内容を鑑みても、「これは考察といえるのか?」という疑問も抱いていたので分析のほうがふさわしいと思っていた。もちろん感想でしかない場合は、【感想】のタグを使うこともある。しかし一歩奥に踏み込めた感触を得られた記事の場合、それは感想とは別のものになっている、とも思う。

ではやはり【分析】タグは間違っていないといえよう。SEOを念頭に置いて(効果を優先して)考察や感想と銘打つよりもクリーンな気持ちでいられる。

しかしごにょごにょと、何かがひっかかる。

だいいち、【考察】と【感想】と【分析】に大きな隔たりを感じているのは少数なのではないか。大差ないと思っているのが一般ではないか。時間を空費しての推敲に意味はないのではないか。そんなきがしてならない。 

詮無し論になってきた。

なので友人の進言どおり【分析】のタグを【考察】に置き換えようと思う。何が変わるのかわからないけど。

ボール一個分外した結果、検索ストライクゾーンからはみ出してしまっていた、なんてのは悲しい話だ。

 

 

 

【アニメ】プロデューサーさん、そのwebデザイナーさんは有能ですか? という疑問。

こんばんは。折田(兄)です。

[挨拶]

もう年末の準備、来年に向けての準備を進めています。主に要らないものとお別れしているだけですが。そろそろこのPCも寿命のようです。2年持ちませんでした。DynaBook、クソ野郎でした。東芝粉飾決算が公になる半年ほど前の購入だったので、なんだか邪推しますね。体制のガタガタさとか製品チェックの杜撰さとか。

なつ「粉飾決算じゃなくて、不適切会計」

──ああそうでした。事実じゃないこと言っちゃあダメですよね。粗製乱造なことばっかり書いてるそのへんの悪質なキュレーションメディア、”メディアもどき”なんか見習ってはいけませんよ。東芝粉飾決算なんかしてないんだもの!

 

さて、大げさなタイトルで一本釣りするつもりはないにしろ、いまから私が話すことは特に下調べもしていない思いつきを文字にしただけなので、反論というか(するべくして発せられる)否定意見がわんさか湧いて当然である。むしろそういう意見がほしい。けっこうマジに考えている問題なので、協議のすえに解決策、あるいは否定されようとも私が納得できる結果になれば幸いです。あくまでもピースに。

プロデューサーさん、テキストですよテキスト!

 

さてさて、前置きはこのくらいにして。
みなさん今期のアニメは何を観て楽しんでおられるでしょうか?

なつ「はよ本題いけよ」

──いや、もう本題に入っているんだ。少々遠回りがすぎる傾向はあるけども。

【注意】一番下の結論だけ読めば私の主張は五秒でなんなし理解できると思います【時短】

 

アニメがあれば、アニメの細部まで紹介するサイトが有る。きっちりとした言葉は充てられないが、よく目にする言葉でいえば”特設サイト・公式サイト”というのがおおむね正しいようだ。師・ヨーダ

例えば2016/12/17日現在、田村ゆかり主演のアニメが進行中らしく、タイトルなどは未発表だが、「フィーニス」というキーワードとキービジュアルが公式サイトにて早くも見られる。ここです↓

 

参照サイト:田村ゆかりの新企画の”公式サイト”
http://rin-anime.com/

 

「早すぎたんだ……」の言葉通りの類を見ないペラサイトである。(※ペラサイトについての説明は割愛。

あまりにも情報が少なすぎて、流出案件なのでは!? なんて懸念すら湧いてくる。しかも右隅のツイッター社のマーク。これをクリックするとこの企画のアカウントに飛んで情報があるのかと思いきや、リツイートのマークだった。なんだこのバックドアみたいなギミックは。わかりにくい。ローンチ直後の講談社ラノベ文庫のサイトを思い出した。

まあ、そんな話はあんまり関係ないんです。
いまのはただの踏み台というか、、踏み台です。

公式サイトってこんなんでいいのかよ、って気持ちを共有したかっただけです。
アニメ化楽しみです。

じゃあ本題。

例題その1

最近、気になったアニメはそのサイトにいってユーザビリティがどうだデザインがどうだとかを自己満評価してるんですよ。ふん、1カラムか……(特に意味はないつぶやき)って具合に。ね、気持ち悪いでしょ。

キャラクター紹介とかスタッフ紹介とかスペシャルとかけっこう凝ってたりして楽しいんですよ。最近良かったなあと思ったのは『ハイスクール・フリートはいふり)』ですね。(最近?

タマちゃんとメイちゃんの役職の違いはなんなのか? と思って確認がてら見に行ったんですが、なんだなんだキャラクター紹介ページが非常によい。

各キャラクターの作り込み、といっていいのかわかりませんが、全船員のこまかいデータが載っている。好きな言葉、とかこれ全員あるんです。不要といえば不要なので、アニメ作中でいちいち触れていてもしょうがない部分。そういった部分をこうして提示してくれているのはファンとしてはありがたいことではないかと。

こんな感じで全船員のデータが載っている。〇〇科って所属先ごとにわかれているので復習にも役立つ。http://www.hai-furi.com/character/01_04/ より引用。

 

あくまでもアニメ内の物語進行での説明不足にならない範囲。
「サイト見てからアニメ観てね、」とはならないラインで。

ページ上部にある「〇〇科」のまとめがサイドの追尾式だったらもっとよかった。

なつ「こやつ、回し者だな」

で、例えばね。
キャラクターを見に行くとすると、もちろんCVも確認するじゃないですか? それでこそ……こえb(ry 

「この娘は種崎敦美って人が声をやってるのか。好きな声だなあ、他にどんなアニメに出てるんだろう、今期はどのアニメに出てるんだろう。(こっちの汗が引いていくような)ラジオとかやってないのかな?」と思って名前を範囲選択して検索にかける。この流れってけっこう重要だと思うんですよ。その人の”周知”という部分に対して。

以下、範囲選択とドラッグが混同して登場しますが同義として読んで下さい)

あるいはスタッフ紹介ページで監督を確認して、過去作を調べる。アニメ制作会社の過去作を調べる。キャラデザ、音響・音楽を調べる。原作者を調べる。なんだっていいのですが。

範囲選択できるのはそのページ(-のその部分)が、テキストで生成されているからです。

鈴木貴昭も吉田玲子もプロダクションアイムズもこのページから検索できる。
ハイスクール・フリート』はこれができている。できているというと次に持ってくるのが”できていない”ためにふたつの間に優劣がついてしまいそうなので、”採用している”とでもしましょう。

そういえば2017年に新作OVAが出るそうです。それにさきがけ、1月6日からBS11でテレビシリーズのパッケージマスター版が放送されるようですよ。やったぜ。 

 

好きな映画を語り合えたらもうそれは友人ですよ。の第十回。赤道祭の回。

例題その2

では一方、これはいただけないなあのひとつのサンプル、週末のたわわこと『終末のイゼッタ』のサイトを確認してみましょう。

 

 

参照サイト:終末のイゼッタ公式サイト
http://izetta.jp/

──2カラムか……(全く意味のないつぶやき)

※〇カラムとはサイトの大きな構成要素のひとつで、そのページに何本の柱が入っているか、という観点の話です。

Yahoo JAPANなんかは3カラム構成ですね。 ↓


3カラム

話を戻します。

 

イゼッタのHP、このなかのSTAFF&CASTのページにいきましょう。

こういったページが出てきます。

終末のイゼッタ

雰囲気はいいですね。赤と黒、そして白。背景は舞台の地図。アンダーな感じがベリーGOD.

早見沙織って名前見たことあるな。化物語とか出てた気がする……。どんなキャラだったか確かめてみるか、いぇーい

──となっても範囲選択(して検索)できないんですよ。テキストが”テキスト”じゃないから。イゼッタ役の茜屋日海夏も脚本の吉野弘幸も誰もドラッグできない。亜細亜堂もオレンジも。

これはすごい簡単に説明すると、”文字が並んでる一枚の絵”だけがぺりっと貼り付けているわけです。スクリーンショットの画像の文字を範囲選択できないのと同じ原理。これが私は不満だ。

なつ「これ言うまでに時間かかりすぎ」

こういうつくりだと、いろんな人の周知のチャンスをひとつ落とすんじゃないのかなーと私は思うわけですよ。わざわざ名前や社名にリンクを貼れとは想わないけども。だいたいどこ行きのリンクを貼るのが正解かで揉めそうだし。

アイキャッチ画像は『響け! ユーフォニアム2』のキャラクター紹介ページ相関図ですが、こういう動的なものはしょうがないと思います。そのかわり、スタッフ&キャスト紹介のページが別に用意されていて、そちらは範囲選択が可能。いい配慮。

 

 

参照サイト:響け!ユーフォニアム2の公式サイト
http://anime-eupho.com/

結論。テキストで書いてくれたほうが”助かる”

サイト作りを命じるのがプロデューサーなのか、そもそも私は知らない。もしかしたらタイトルに素っ頓狂な齟齬が発生しているかもしれない。アイマスに寄せようとした結果こうなってしまった。そこはおおきめに解釈して欲しい。有能ですか? なんてプログラマーでもない素人の私が言えた口ではない、そこもおおきめに解釈して欲しい。いじめないでほしい。石を投げないでほしい。ははは。

別のタブを開いて検索窓にワードを手打ちするのが面倒だ、というユーザー目線な側面も5%くらいはありますが、”テキスト”でないメリットがイマイチ思いつかないのでこんな記事を書いた次第。

先日、ツイッター上でスクリーンショットが絶対的に信用信頼できるものではない。早とちりはご注意」ということをわかーりやすくgifであげていた方がいた。
ソース要素のテキスト部分を書き換えた上でスクリーンショットを撮れば実に「それっぽい」ものができあがるという旨。
(ツイートを無断で転載できないのでプラグインなど一切使わなくても”で検索かけてください。ツイッターのアカウント持ってない方でも当該ツイートの内容を確認できると思います)

 

そういった部分への配慮警戒なのだろうか? 私には見当もつかない。

 

アーティストや芸能人あるいは企業が、なにかやらかしてしまい謝罪文を作ることが、ときたまある。そんなときよく見られた手法は”謝罪文をしたためた用紙の画像を載せる”といったものだ。画像はテキストと違いグーグルにインデックスされない仕組みを用いた検索逃れ対策、という説があるがどうも信憑性が薄い。※上記の改変対策のほうがしっくりくる。

まあ、そんなことはアニメの紹介ページには関係なさそうな話題である。

──

──

結びに困る。あまりにも見切り発車だった。はっは。

実にならない話ですまない。

全然関係ないけどこないだ観た『イングロリアス・バスターズ』が面白かったよ。 

 

 

実はドイツ繋がりだよ。

サハラ砂漠の”サハラ”ってそんな意味だったのか……。

完全に実験記事である。かつ短小記事である。釣り記事ではない。

 

流入とか反応とかを前記事と比較したくてね。タイトルが悪いのか?素直すぎるのか?

じゃあ試しにタイトルを魅力的にしてみよう!

というのが今回の試み。

「魅力的に、」であって「釣り上げ」ではないことに留意して欲しい。

じゃあ、本文に、いや本題に。

サハラ砂漠の”サハラ”とは

サハラが地方を指す意味ではないことはタイトル通りである。

ではサハラとは何のことを指すのか。

サハラとは、アラビア語 で( サハラーゥ)なんて発音になるようだが、とにかくの意味は”砂漠”である。

現地的にはサハラ砂漠のことを(アッ=サハラーゥ・ル=クブラー:「最大なる砂漠」)と呼称している。

つまり日本語では”砂漠”砂漠となり、かつての東京砂漠より質(たち)が悪い。

 

これ、”チゲ鍋”案件だったんですね。

といったところでチャイムが鳴ったので実験を終了する。

 

賭博黙示録 カイジ 5

賭博黙示録 カイジ 5

 

 佐原、金持ちの風に吹かれて落ちてったけど、元気かな……。